「ナーゲルスマン監督「いつかは変化の時を迎えるものだ」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/04/16 08:05
ナーゲルスマン監督「いつかは変化の時を迎えるものだ」


 ユリアン・ナーゲルスマン監督自身も、今回のチャンピオンズリーグ準々決勝敗退が財政面にも打撃を及ぼすものであることは理解している。とりわけこの2年間続いたコロナ禍の影響があり、移籍市場における活動は難しいものとなってしまった。 「確かにこのチームは長きに渡りともに戦ってきた。そしてこれだけの成功をおさめた実績はあっても、それでもいつの日かは少し新しいことをする時期もある」

 その言葉通り、少なくともボルシア・ドルトムントへの移籍が決まったニクラス・ズーレ、そして契約満了を迎えるコランタン・トリッソは退団、一方でアヤックスから2選手(ライアン・グラフェンベルフ、ノゼア・マズラウィ)が加入の見通しとなっており、さらに若きドイツ代表CBニコ・シュロッターベックへの関心も伝えられているところ。

 一方でマヌエル・ノイアー、セルゲ・ニャブリ、ロベルト・レヴァンドフスキらとの契約が来季いっぱいまでと複雑な状況でもあるが、「ただ大きなステップを踏み出す余裕はない」と語ったナーゲルスマン監督は、「これは1つの過程を踏んでいくということ。それは過去2年間を振り返ってもお分かりのことだろう」と言葉を続けた。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)