「ドルトムント、若手リッチモンド・タチーがパダーボルンへ」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/04/15 06:05
ドルトムント、若手リッチモンド・タチーがパダーボルンへ


 ボルシア・ドルトムントのセカンドチームに所属するリッチモンド・タチーが、今夏よりブンデス2部SCパダーボルンに移籍することが明らかとなった。22歳のストライカーはこの度、新たに2024年までの契約を締結。

 VfLヴォルフスブルクにて育成され、2020年夏にヴォクトリア・ケルンを経由してドルトムントへと加入した同選手は、そこで11得点10アシストをマークして3部昇格に貢献。

 今季はその3部で29試合に出場し5得点、8アシストを記録しており、「リッチモンドはスピードとテクニックをもった、うちのスタイルにとてもマッチした選手だよ。彼はまた非常に勤勉であり、ブンデス2部でアピールしていくための要素を持ち合わせている。」と、パダーボルンのフォーゲルムート競技部門取締役は評した。

シュルツ売却を視野に

 その一方でボルシア・ドルトムントではサラリーカットを目指す形で、高給を受け取っているニコ・シュルツの売却も視野に入れているようだが、しかしながらここのところ負傷をくりかえしている、2024年まで契約を残す29歳の左SBに、どれほどの関心が寄せられるかは不明だ。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)