「マインツ、ホフマン会長の専任で上層部が再編成」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/04/14 19:05
マインツ、ホフマン会長の専任で上層部が再編成


 1.FSVマインツ05では、シュテファン・ホフマン会長が来月より常勤体制で勤務。これまではラインラント・プファルツ州教育省の部長を務めながらの非常勤体制だったが、相談役会は職務範囲を拡大することを綿密に検討。「より効率的に職務を行え、またコロナ禍からファンを取り戻すというクラブの課題、インフラの改善など100%コミットするため」に今回の判断を下した。なお次期会長選が2024年に控えているため、今回の対応はあくまでその時まで。ホフマン氏は本職を休職することになるという。

 また2017年まで10年に渡り、マインツのユースセンターのSDも務めていた同氏は、このたび「正しい対策と集中力をもって、クラブの成功する未来の道筋をつけるという自らの役割を果たしていきたい。」と意気込みをみせた。その職務内容は今後、組織や人事、法務などを担当。これまでのコマーシャルディレクターの職務の一部を引き継ぎ、また1年以上続いたマーケティング・セールス担当ディレクターのポストの空白も、フランクフルトで15年以上観客担当をしていたクリストフ・ライゼナウアー氏が就任。チケット販売、ファン・会員サービス、小売、マーケティングなどを担当していく。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)