「ナーゲルスマン監督「リロイ・サネは復調する」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/04/11 08:05
ナーゲルスマン監督「リロイ・サネは復調する」


 火曜日に控えるチャンピオンズリーグ準々決勝、ビジャレアルとのセカンドマッチで「2点多く取る試合をしていくため」には、、初戦の0−1というビハインドを盛り返すために攻撃面、守備面、バランス面、そして個々の選手の状態を上げていくことが、バイエルン・ミュンヘンのナーゲルスマン監督にとっての重要課題となる。例えば再び早期に交代が告げられ、ハイタッチではなく軽く握手をしてからそのままロッカールームへと消えていったリロイ・サネが、その1人だ。

 このことついて問われた同氏は、試合後「そのことで私が怒っているとかそういうことはない。本当にどうでも良いことだよ」と強調。ただその一方で好調なパフォーマンスを続けてきたサネが、なぜ調子を崩してしまったかについては、指揮官も判断がつかないようで「彼がこの2試合でみせたものよりもっと良いプレーができる。それは彼自身わかっている。これまでのキャリアでもうまく事が運ばないことはあったさ。ただ前半戦では非常に長く信じられないくらい安定していたのだがね。」とコメント。「でも復調するよ。全面的にバックアップする」


 さらにナーゲルスマン監督は「サネの性格を非常に気に入っている」と前置きした上で、「人々はちょっとその雰囲気から誤解しているところがあるように思う」とも指摘。「落ち着いてて、ひょうきんで、楽しい事が大好き」な選手だが、ピッチ上では「さぁ、俺にボールをよこせ!皆、いくぞ!というタイプではない」と述べており、逆に時にサネに檄を飛ばすか、「ありのままの彼を受け入れるということ。そのクレバーさやファーストタッチの巧みさ、決定力など」の卓越したクオリティの見極めと判断が、指揮官にとっての選択肢であると説明した。

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)