「ケルン、クリスチャン・ケラー競技部門新取締役の入団会見」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/04/05 05:05
ケルン、クリスチャン・ケラー競技部門新取締役の入団会見


 ブンデス2部ヤーン・レーゲンスブルクを退団し、4ヶ月前に1.FCケルンの競技部門取締役就任が発表された、クリスチャン・ケラー氏。今週月曜日に開かれた会見では、この期間が「充電するための必要があったわけではない。ただ今日はヤーン・レーゲンスブルクの人間で、明日はケルンの人間だと言うのは、できる人もいるかもしれないが私はできないタチでね」と、長期休暇の理由を語った。

 なおケルン移籍の決断にあたっては、クラブ関係者らとの話し合いで好印象を受けていたことを強調しており、「話し合いをしたクラブはケルンだけではない。比較対象があって言えることなんだ」と説明。「ここケルンで味わえるサッカー生活というものは、ドイツの他の場所ではなかなか味わえないもの。それが決め手となった。」とそのカリスマ性についても評価。

 さらにバウムガルト監督の「新しいプレースタイルを導入し、多くの選手たちを改善させた」手腕と「ハートと魂」「勇気あるサッカー」に好感を抱いており、「これから日々話し合いを行なっていく」と緊密な取り組みを約束している。ただその話し合いでいつ、契約延長の話になるかはわからない。それでも延長に向けて「全力を尽くす」ことも誓った。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)