「ヘルタ、フランクフルト戦ではCB、GK共に選択肢増加」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/03/04 00:05
ヘルタ、フランクフルト戦ではCB、GK共に選択肢増加


 度重なるコロナ感染をはじめとして、ここのところヘルタ・ベルリンを悩ませていた数多くの離脱選手を抱える状況に、遂に終止符が打たれることとなった。木曜日に行われた会見にて、コルクート監督は「23人の選手と3人のGKがいる」久々の状況に喜びをみせており、とりわけCBについては喜ばしいことだろう。

 前節に出場したデドリック・ボヤタとライナス・ゲヒターに加えて、マーク=オリヴァー・ケンプが出場停止明けに。さらにコロナ感染からニクラス・シュタークも復帰を果たし、また足首を負傷していたマルトン・ダルダイ、そして前述のフライブルク戦で大腿に問題を抱えていたゲヒターも復調を果たした。

 ただしGKについてはアレクサンダー・シュヴォロウが引き続きコロナに感染している状態であり、「週末に起用できるとは考えていない」と指揮官。つまりフライブルク戦で好印象を残したマルセル・ロトカが再び起用される可能性はあるだろう。確かにシュヴォロウに不安を感じたヘルタは今冬にオリヴァー・クリステンセンを獲得した。

 そしてここのところはニルス・ケルバーと共に欠場していたが、いまは「普通に練習に参加できる」ところまで回復。そのため「フィーリングを大事に」しながら起用法を考えることになるのだが、ただ前節を踏まえれば入れ替える必要もなしか。その間に来季ドルトムントへの移籍が発表されたことも、「この試合には関係ない」とコルクート監督は述べた。 
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)