「ホッフェンハイム、マインツ戦での右サイドバックは?」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/02/03 23:00
ホッフェンハイム、マインツ戦での右サイドバックは?


 確かにTSGホッフェンハイムには現在、総勢26人の選手たちが控えてはいる。しかしながらそのうち、実績ある9選手が揃って戦列から離脱した状態にあり、特にセバスチャン・へーネス監督は土曜日のマインツ戦(日本時間23時半、スカパー!で放送)に向け、右サイドバックのやりくりに頭を悩ませているところだ。

 長期離脱中のエルミン・ビチャクチッチ(十字靱帯)とロベルト・スコフ(大腿)に加え、ケヴィン・アクポグマとパヴェル・カデラベク(同じく大腿)、マルコ・ジョン(復帰途中)、クリス・リチャーズ(足の打撲)が欠場を余儀なくされる上に、このタイミングでオールラウンダーのセバスチャン・ルディが出場停止。カシム・ヌフはもはや構想外となっており、先日に獲得したジャスティン・チェについては、少なくとも先発候補としてはまだ見られていない。「彼は長い間、実践から遠ざかっているのだから。先発出場はまだ早すぎるよ」と指揮官。

 そのためへーネス監督は右サイドバックにおいて、その場しのぎの応急処置を講じていかなくてはならないということだ。「どういった手を打つことができるか。それをこれから判断していくことになるよ。ただチームにはそこまで多くのオプションがあるわけではないからね、工夫していく必要があるし、変化させていきながら適応させていかなくてはならないが」その工夫には3バックから4バックという、システム変更も含まれることだろう。加えてこの試合では、多くのユース選手たちも招聘されることになるという。

 そんな状況下でへーネス監督はこれから、2015年4月以来となる4連敗の絶対阻止という使命を果たさなくてはならない。一時は3位浮上を果たすなど飛躍のシーズンとなっていたが、ウニオン戦、ドルトムント戦、そしてフライブルク戦で3連敗。一気に風向きは変わり、現在は欧州リーグ出場さえ危うい7位転落を喫したところ。そして「マインツは直近の3試合で、無失点勝利をおさめているしね」とへーネス監督。「マインツでの試合は非常に厄介であり、我々にとって難しい挑戦だ。」と語ってはいるものの、ただ近郊対決のこのカードでは実は、最近5試合でホームチームは未勝利。うち4試合でアウェイチームが勝利をおさめている。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)