「ロマン・ビュルキ、ロリアン移籍は頓挫。」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/01/31 23:00
ロマン・ビュルキ、ロリアン移籍は頓挫。


 今季からは、それまでの正GKという立場から第3GKとなっている、ボルシア・ドルトムントのロマン・ビュルキ。先日にはマルコ・ローゼ監督が「再びゴールに立てる場所」へ行けるよう、移籍を容認する姿勢を示していたが、仏紙レ・キップによればフランス1部FCロリアンとの交渉を行っていた模様。

  現在は自動降格圏内となる19位に低迷している同クラブでは、ビュルキのほかにもポルトガル1部ベンフィカ・リスボンの、ブラジル人GKエウトン・レイチとも交渉中にあると言われているが、ただ同誌によれば元スイス代表GKとロリアンはすでに、「基本合意」へと達していると伝えられたが、最終的に移籍は頓挫。このまま第3GKとしてとどまる見通しとなった。

 一方でドルトムントのセカンドチームに所属していた、アルビン・タキがブンデス4部相当のフォルトゥナ・ケルンへと移籍。19歳のディフェンダーは今シーズン、ここまでブンデス3部にて3試合のみの出場にとどまっている。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)