「韓国代表FWイ・ドンジュン獲得を目指すヘルタ」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/01/28 07:00
韓国代表FWイ・ドンジュン獲得を目指すヘルタ


 kickerが得た情報によればヘルタ・ベルリンは、韓国人FWイ・ドンジュンの獲得へと乗り出しているようだ。主に右サイドを主戦場とするウィンガーは、現在ワールドカップ予選に代表選手として参加。1日に行われたレバノン戦にて、1−0で勝利を収めている。また1年前に釜山アイパークから蔚山現代に加入した同選手は、昨夏の東京五輪にも参戦。ヘルタは獲得に際して例外条項に定められている、移籍金100万ユーロ弱を投じることになる。

 特にボビッチ競技部門取締役は、フランクフルト時代に長谷部誠や鎌田大地など、アジア人選手がもつ優れたメンタリティで良い経験を得ており、今回は即戦力として期待している模様。さらにフランスユース代表のケリアン・エンソナ(19、SMカーン)も今冬での獲得が見込まれており、ただこちらは十字靱帯断裂からの復帰ということもあって来シーズンを睨んだ補強ということになるだろう。またヘルタではレヴァークーゼンに所属するルーカス・アラリオにも関心。センターフォワード、そして右サイドバックの補強も視野に入れている。

【バイエルン戦前に、ウルトラス約80名が乱入】


 その一方でヘルタでは、ウルトラスとの対立問題が生じており、ドイツ杯16強で同じベルリンのライバル、ウニオンの前に敗退を喫した後、ウルトラスのおよそ80人が「許可なしに練習場へと不当に侵入した」と、クラブ側は報告。そこでウルトラスは結果を出すように脅しをかけていたとのことで、「批判やメッセージの声」に耳を傾け対話優先とするヘルタだが、それでも「これは一線を超えたもの」と批判。ファン代表者からは謝罪の用意がないことも知らされ「大変に遺憾だ」と述べた。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)