「バイエルンが、デニス・ザカリアに関心?」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/01/23 09:00
バイエルンが、デニス・ザカリアに関心?


 先日に今シーズンいっぱいまで残されている、ボルシア・メンヒェングラードバッハとの契約更新の可能性を否定したデニス・ザカリアに対しては、まだ移籍金を手にすることができる今冬にも、クラブを後にする可能性も十分にある。そこで名前が浮上しているクラブの1つが、バイエルン・ミュンヘンだ。

 この噂について問われた、ユリアン・ナーゲルスマン監督は、「基本的に、移籍金なしで獲得できる選手について、議論を行うことは義務ではあると思うよ」とコメント。ただし「バイエルンがどう思っているのかはわからない」とし、「それはあくまでメディアの噂にすぎない」と強調した。

 2017年にスイス1部ヤングボーイズ・ベルンから加入した25歳は、これまでブンデス1部通算40試合(3得点)、CLでは5試合、ELでは11試合に出場しており、今季はここまで19試合中16試合で出場。ボランチを主戦場としながら3バックの中心でもプレー可能で、スイス代表としても40試合プレーしているところだ。

ズーレの「40m弾」への記憶

 ちなみに日曜に対戦するヘルタとは、ナーゲルスマン監督はホッフェンハイム時代、ライプツィヒ時代を通じて、12試合連続無敗を継続(8勝)。とりわけ印象的だったのが2017年3月の試合で、当時ともにホッフェンハイムにいたズーレが「40mの距離から、あれほど見事なゴールを決めたんだ。覚えているよ」と指揮官。

 ただ40mは大袈裟で25mほどだったが、自身にとってブンデス100試合目でズーレは、ゴール右隅へと豪快に突き刺す見事なロングシュートを決めて勝利に導いており、「先週からそのシュート練習をしているけど、でも確率としては30分の1だね」とナーゲルスマン監督は笑顔。今回の試合の目的はあくまで、ドルトムントとの勝ち点差を6に保つことにほかならない。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)