「ホッフェンハイム、ジャスティン・チェの獲得に迫る」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/01/18 00:00
ホッフェンハイム、ジャスティン・チェの獲得に迫る


 ここのところは契約延長の発表が続いてきた、TSGホッフェンハイム。守護神オリヴァー・バウマンをはじめ、イフラス・べブー、ケヴィン・フォクト、ジョルジニオ・ラターらとの契約を更新してきたが、今度は新戦力との契約を交わすことになりそうだ。Sport1が当初に報じていたように、ジャスティン・チェ獲得へすでに間近のところにまで迫っている。

 18歳の米国人ディフェンダーは、ひとまずFCダラスより1年半のレンタルにて加入、ただしその契約にはホッフェンハイム側へ買い取りオプションも付随するものとなりそうだ。ちなみに同選手は昨季後半戦に、バイエルンIIへとレンタル移籍しており、そこで好印象を残した実績も。いまやダラスのトップチームでも実力をみせた若武者は、米国A代表からもお呼びがかかっており、ホッフェンハイムの他にも前述のバイエルン、さらにはイングランドのクラブからも関心が。

 ちなみにロシア人でドイツで育った母と、カメルーン出身でドイツ国籍をの父親をもつ同選手は、テキサス生まれながらドイツ国籍も保持。身長は185cmでセンターバックを主戦場とし、さらに右サイドバックとしても起用可能。なおバイエルンからレンタルで加入中のクリス・リチャーズもまた、ポリバレントな米国人DFであり、同じくFCダラスにて育成された背景がある。


 一方でバイエルンとの争奪戦を繰り広げている若手選手は、他クラブに所属する選手ばかりではない。先日にトップチームで初のメンバー入りを果たしたばかりの16歳、トム・ビショフに対してもバイエルンからの視線が注がれている。契約最終年度にあることからホッフェンハイムは延長を目指しているものの、ドイツU17代表にはバイエルンのほかドルトムント、ライプツィヒなどからも関心が寄せられているところ。ただバイエルンに関しては、先日にバイエルンでクラブ史上最年少でブンデスデビューを果たした、パウル・ヴァナーの去就にもよることだろう。
 
 クラマリッチとも延長交渉、ブレネットとヌフは退団の流れ

 同じく契約最終年度にあるベテランFW、アンドレイ・クラマリッチについては、kickerが得た情報によれば延長に向けて、現在は集中的に意見交換が行われている模様。クラマリッチ自身は現状を高く評価しており、特にリーグ戦で攘夷を争うチームの好調ぶりは、クラマリッチの野心も掻き立てるものだろう。一方でジョシュア・ブレネットとカシム・ヌフに関しては、ホッフェンハイムにはもはや将来性を見出すことが困難であり、新天地を模索することになる。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)