「アウグスブルク、クラブ史上最高額で18歳FWぺピ獲得」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/01/04 01:00
アウグスブルク、クラブ史上最高額で18歳FWぺピ獲得


 既報通りFCアウグスブルクは、リカルド・ペピを獲得したことを発表した、MLSのFCダラスから加入する18歳のアメリカ人FWは、kickerが得た情報によればクラブ史上最高額となる移籍金1600万ユーロに加え、成果におうじてボーナスを支払う形で迎えいれた模様。すでに日曜日にはドイツに到着しており、その後にメディカルチェックを済ませて、2026年までの契約(オプション付き)にサインした。

 「リカルドが数多くのトップクラブからの関心にもかかわらず、アウグスブルクへの移籍を決断してくれたことを嬉しく思う。我々は彼がさらに成長していくための、明確な競技面における展望を示すことができ、それを彼に納得してもらうことに成功した」と、シュテファン・ロイター競技部門取締役はクラブ公式にてコメント。「我々は彼がアウグスブルクで成長を続け、そして今後数年間にわたり大いに楽しませてくれると確信している」と期待感を示した。

 一方で身長185cm、FWであればどのポジションでもプレー可能な若武者は、「MLSでのシーズンを終えて、欧州へと移籍することが僕の夢だった。アウグスブルクとブンデスリーガには、若い選手にとって最高のレベルで多くの実践経験を与えてもらえる、その最高の環境があると思う」と決断について説明。「アウグスブルク首脳陣の方々は、僕のことをとても大切に思ってくれていることが印象的だったし、最初から自分にとってぴったりなクラブという感触が得られたよ。」と新天地でのプレーを心待ちにしている。

 ブンデスリーガではVfLヴォルフスブルクからの熱視線も伝えられていたぺピだが、1500万ユーロ以上の移籍金の支払いを躊躇したヴォルフスブルクに対して、アウグスブルク側はそれを上回るオファーを提示して勝利。2021年11月に終了したMLSにおいて、リーグ戦31試合に出場して13得点をマーク。すでに米国代表としても7試合に出場して3得点をマークした経験をもつ18歳のストライカーは、アウグスブルクでは背番号18を着用するとのこと。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEアプリ月額980円(税込)で全試合LIVE配信 7日間無料トライアル実施中!
ブンデスリーガLIVEはSPOOXAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。