「巻き返し期すデュッセルドルフ、元ドルトムントのACを招聘」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/01/03 21:00
巻き返し期すデュッセルドルフ、元ドルトムントのACを招聘


 ブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは、新年を迎えるにあたりコーチ陣の変更を決断した。トーマス・クライネ氏の後を受けるかたちで、マンフレッド・シュテッフェス氏がACへと就任。かつてドルトムント時代にファヴレ監督のACを務めていた同氏とは、デュッセルドルフは2023年までの契約を結んだ。

 コルシェンブロイヒ出身の54歳は、90年代に1シーズンのみ、デュッセルドルフいんてプレーした経験をもち、さらにボルシア・メンヒェングラードバッハでもプレー。指導者としてはとのグラードバッハをはじめ、デュイスブルクや前述のドルトムントなどで、さまざまな役割を経験してきた。

 クライン競技部門取締役は「アロフス取締役やプロイセン監督と数週間にわたる協議を行った結果、1つの結論としてACの分野で変化を起こそうということになった」と説明。ベテランコーチの加入によって「コーチ陣をよりバランスのとれたものとし、裾野を広げること」を狙ったものだという。

 年末の時点でデュッセルドルフは、ブンデス1部返り咲きを目標に掲げながらも、13位に甘んじる苦しいシーズンを過ごしているところであり、特に降格圏内までの勝ち点差は、わずか3。そのため1月15日のブレーメン戦から再開されるリーグ戦での巻き返しを期しているところ。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)