「最下位フュルト、巻き返しに向け4選手の入れ替えを計画」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/12/20 00:00
最下位フュルト、巻き返しに向け4選手の入れ替えを計画


 結局のところグロイター・フュルトは、最下位に沈み這い上がるしかない状況下に置かれていたにも関わらず、下位直接対決となったアウグスブルク戦でさえ、1−1の痛み分けでも十分という印象を残していた。それはGKサシャ・ブルヒェルトや、途中出場のブラニミール・ホルゴタらがみせてた時間潰しからも見て取れるものだ。特にフランクフルト戦のような土壇場での敗戦劇を避けたいという思いもあったことだろう。逆に言えば、安定したディフェンスに徹してしまうと、オフェンスではほぼ何もできない状況に陥ってしまうことを露呈した姿といえる。

 つまりはバランスがとれていない、クオリティ面での問題を抱えているということでもあり、そのためkickerがえた情報によれば4選手の入れ替えを希望している模様。例えばそのうちの1人はアドリアン・ファインであり、バイエルンとのレンタル契約を早期に打ち切りたいようだ。確かにライトル監督の下で居場所を見出せていないMFの契約にはさほど意味はなくなっているだろう。またニルス・ゾイフェルトについては2部での武者修行を計画。ハンス・サルペイとアブドゥラハマン・バリーは半年後の対談となるため、移籍の支障はもはや無い。

 補強候補としては、マリウス・フンクが今季いっぱいまで負傷離脱が見込まれることから、GKの補強を目指しているところ。候補にはFCリヴァプールのロリス・カリウスの名前が浮上している。また新たにセントラル・ミッドフィルダーt、ストライカーも獲得可能であれば迎え入れたいところだろう。ただ後半戦に向けた準備期間までにそれらが間に合うかについては、まだ疑問符のつくところではあるのだが。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)