「ヴォルフスブルク、ヌメチャの負傷がウェクホルストの去就に影響か」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/12/19 21:00
ヴォルフスブルク、ヌメチャの負傷がウェクホルストの去就に影響か


 VfLヴォルフスブルクのルーカス・ヌメチャは、右足に特殊な保護ブーツを装着し、投稿した写真にて「これから回復への道のりがはじまる」とのメッセージを投稿した。23歳の若きドイツ代表FWは、先週火曜のケルン戦にて足首を骨折。手術を余儀なくされており、ここまで8得点を挙げていたストライカーが長期離脱へと入ることは明らかだ。

 そしてそれはワウト・ウェクホルストの去就にも影響を及ぼすことになるだろう。先日に代理人を変更したばかりのオランダ人FWだが、もしも今冬での移籍を視野に入れていたとしたら状況は複雑だ。現状においてはチームの決定力という点で、ベテランストライカーの双肩に大きく期待がかかっており、特にヌメチャの離脱期間次第ではヴォルフスブルクも下手な動きには出られない。

 確かにそれ以外にもヴォルフスブルクのFW陣には豊富なオプションは存在する。例えばダニエル・ギンチェクやアドミール・メーメディといった、実績のあるベテランFWが控えてはいるものの、現時点ではほぼ構想外となっており、またバルトシュ・ビアレクについては十字靱帯断裂という大怪我から復調したばかり。またドディ・ルケバキオについては、パフォーマンスの浮き沈みが激しく、ルカ・ヴァルトシュミットとマキシミリアン・フィリップについても同様。不振に喘ぐチームにおいて果たして、フロリアン・コーフェルト新監督は今冬、どのような判断を下していくのだろうか。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)