「前半戦に大きな満足感を示すバイエルン」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/12/18 20:00
前半戦に大きな満足感を示すバイエルン


 バイエルン・ミュンヘンは年内最終戦となった、ヴォルフスブルク戦でも勝利をおさめ勝ち点数43をマーク。首位で折り返すと共に、前半戦総得点最多記録56ゴールというオマケもついた。さらにレヴァンドフスキは2021年度43得点目を記録。これは先日他界した”爆撃機”ゲルト・ミュラー氏の記録を交わす新記録だ。

 「非常に満足している」と、ナーゲルスマン監督はコメント。「レヴィは非常に良いプレーを見せていた」と言葉を続け、さらに「非常に満足のいく」前半戦とヴォルフスブルク戦でのパフォーマンスについて総括。特にこの試合の後半でみせたものについて、全体的に満足感を示した。「後半のカウンタープレスは非常に鋭く、それが鍵となったね。前半ではポゼッションが多かったが、良いボールはあまり得られなかった」

 たしかに得点チャンスは決して特別に多かったわけではないとはいえ、それでも「非常にうまく試合をコントロールしていた」結果と強調。「その分でも、勝利に値する」と述べており、「相手が徹底してゴール前を固めてくる場合には、なかなかうまくはいかないものだ」と語っている。

 それでも「得点は時間の問題ではあったけどね」と、主将のマヌエル・ノイアー。そして前半戦について、「ドイツ杯での敗退やフランクフルト戦での敗北など、ネガティブなところもあったけど、全体としては強豪を相手にも良いパフォーマンスをみせていた」との見方を示した。「だからこれから迎える熱い時期、そしてCLが頼みに思えるんだよ」
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEアプリ月額980円(税込)で全試合LIVE配信 7日間無料トライアル実施中!
ブンデスリーガLIVEはSPOOXAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。