「ドルトムントのローゼ監督vsディトマー・ハマン」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/12/17 02:00
ドルトムントのローゼ監督vsディトマー・ハマン


 ボルシア・ドルトムントの戦いはグロイター・フュルト戦にて3−0で勝利をおさめた後もなお、今度はピッチ上ではなくモニター上で続けられた。スカイの解説者を務めていたディトマー・ハマン氏は、最下位に沈む昇格組との戦いぶりについて批判。一方でマルコ・ローゼ監督は、目に見えた苛立ちを示していたのだ。

 これ以前よりハマン氏の発言が気になっていたという指揮官は、「いつかスタジアムにて」直接対話への招待の可能性についても指摘。そしてハマン氏の指摘には、ドルトムントが直面する人事面における問題が軽んじられていると反論する。

 「今シーズンで我々が取り組んできた状況を目にすれば、いくつかの点で理解することができるであろう。チームのおよそ半分がいなかったという状況、そして少ない人数でシーズンへと臨むことを余儀なくされ、選手たちが離脱していく中で本来組みたかったメンバーで戦えないという状況を。それでも我々はすでに勝ち点34を稼いでいる。まともな戦いもできているんだ」

 さらにローゼ監督は、「開幕前も、シーズン中も、そして先日の直接対決の後も、「バイエルンに挑戦する」と気概をみせる唯のチーム」と胸をはった。「どんな逆境にあっても、その努力をし続けるチームがあることを喜ばしく思ってもらえないだろうか。ただ常にその期待に我々が応えられるものではない。それは確かだよ。今のバイエルンの調子では、引き摺り下ろすチャンスなどないだろうがね」


 そしてローゼ監督はハマン氏の批判について、「私たちのパフォーマンス面のみならず、個人的な選手、我々のキャプテン(マルコ・ロイス)についても、繰り返し口にしていた。私はそういったことを好ましく思わないし、適切なことでもないと思う」と苦言。その希望していた直接退団の可能性もどうやらありそうで、ハマン氏はインタビューの後に、すぐに「喜んでお受けする」と述べている。「スタジアムでも、彼の家でもいいと思う」

 ただそれでも今回のフュルト戦は、指揮官の目からみても「不安定で、フレッシュさに欠けていた」ものであり、「ミスが多かった」のも確かだ。先発GKのグレゴール・コーベルも「決して良い試合だったわけではない」と述べており。「確かにこの2試合で勝ち点3を確保できたことは重要だった」ものの、それでも「プレー自体に関しては、議論の余地はあるだろうね」と述べている。

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEアプリ月額980円(税込)で全試合LIVE配信 7日間無料トライアル実施中!
ブンデスリーガLIVEはSPOOXAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。