「ヘルタ初陣のコルクート監督、復帰のボヤタに期待」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/12/06 01:00
ヘルタ初陣のコルクート監督、復帰のボヤタに期待


 先日にヘルタ・ベルリンの監督へと就任したばかりの、タイフン・コルクート監督。そのデビュー戦となるVfBシュトゥットガルト戦にむけて、チームを知るための時間はわずか数日間のみという状況だったが、ただその中の情報はすでに「外からみていたものの再認識」でもあったという。特に内容については明かすことはなかったものの、「選手のできること」「できるポジション」などを挙げ、先発メンバーを明かすようはことはしないが、「4バックになるだろう」とは述べている。

 おそらくその一角を占めることになるのが、デドリック・ボヤタだ。ホッフェンハイム戦にて退場処分を受け、3試合連続で出場停止処分を受けていた同選手の復帰により、「重要な選手だし喜ばしい」と新指揮官も目を細める。「特に一瞬のカウンターが重要な中で、スピードと個のクオリティの長けた選手への対峙」が期待されているところ。一方でオフェンスでも「怖気付くことなく」「積極的にボールをもつこと」の重要性を説いており、「ボールがないと得点も難しいよ」と指摘した。


 その一方でヘルタ・ベルリンは来週水曜から、屋外競技では最大5000人までとするベルリン市の決定を受けて、観客動員数の大幅削減を余儀なくされる。そのため同じくベルリンに本拠地を構える、金曜開催だったウニオンとライプツィヒとの一戦での影響はなかったものの、12月9日に控えるヨーロッパカンファレンスリーグのウニオンの試合、そしてその後の週末のヘルタのビーレフェルト戦にて、ベルリン五輪スタジアムでは影響を受けることに。ただクラブ側はこれに対して「不適切」「不可解」な決定と不満を示した。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEアプリ月額980円(税込)で全試合LIVE配信 7日間無料トライアル実施中!
ブンデスリーガLIVEはSPOOXAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。