「若きドイツ代表CBシュロッターベック「ハーランド封じで自信」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/12/01 07:00
若きドイツ代表CBシュロッターベック「ハーランド封じで自信」


 今季SCフライブルクの大躍進を支えるキーマンの1人、ニコ・シュロッターベックがkickerとのインタビューに応じ、とりわけ第2節でボルシア・ドルトムントを2−1に抑えて勝利したこと、クラブの連勝と相手FWエルリング・ハーランドを封じたことが、大きな意味をもっていたことを明かした。

 「あの試合で、自分の良さというものを実感することができたんだ。リーンハルトとともに、ハーランドとマレンと対峙して、たぶん深く構えていたことも功を奏たり、運も味方してくれたりしたこともあると思うけどね。自分がいいCBになれているかもと思えた。うまくいけば、多くのFWを封じ込める。こういう経験を多く積んでいきたいね。今季からは、どんなストライカーにも対峙できていると思う」

 ピッチでみせる好パフォーマンス、そしてそこで醸し出している大きな自信は、ドイツ代表ハンジ・フリック監督の目にも印象的に写っており、就任以来これまで3度の代表戦期間でいずれも招集。確かに負傷によって2度辞退することになりはしたが、それでもドイツ代表における見通しは決して悪くはないようだ。

 「僕にどういったことを期待しているのか。僕のことをどういうふうにみてくれているのか。そして僕に比較的満足してくれているということ。それらをオープンに話してくれたんだ」とフリック監督との会話について明かしたシュロッターベックは「僕には自信があるし、ビルドアップに長けて、タックルにも強みがあるという印象をもってくれていた。それにドイツには左利きのCBが少ないということで、また会おうといってくれたし、まだ僕は若い。きっとこれからプレータイムも得られていくようになると思う」と意気込みをみせた。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEアプリ月額980円(税込)で全試合LIVE配信 7日間無料トライアル実施中!
ブンデスリーガLIVEはSPOOXAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。