「ナーゲルスマン監督、試合以外のことの質問も「バイエルンの監督だからね」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/11/28 09:00
ナーゲルスマン監督、試合以外のことの質問も「バイエルンの監督だからね」


 確かに得点チャンスは数多く見られていた。だが得点にはなかなか直結しなかった。土曜夜に行われた17位アルミニア・ビーレフェルト戦では、長時間に渡り0−0の状況に耐え忍ばなくてはならなかったバイエルン・ミュンヘン、ユリアン・ナーゲルスマン監督だったが、最終的にはリロイ・サネによる決勝弾で勝利。「特にドルトムントが勝利した後だった(暫定的に首位の座を譲った)ので、少しプレッシャーがあったよ。これで首位としてドルトムントに乗り込めるね」と、いよいよ来週に迫ったドイツ頂上決戦に向けて意気込みをみせた。

 その一方でナーゲルスマン監督には、試合内容以外のことにも質問が及んだ。「バイエルンの監督であれば、そういったテーマについて話さなくてはならないのも仕事の一部」と述べつつ、「頭の中で考えることを明確に切り分けていかないといけない。ただサッカー面にも重きをおけるだけのキャパはまだある」とコメント。とりわけ大荒れとなった年次総会については「感情的に対立しては」と苦言を呈し、「クラブ側がもっとうまくやれたところもあったと思うし、会員側でもそういえたと思う」と指摘。そのほかコロナ(特にキミヒらのワクチン未接種のことなど)でも揺れることになったが、「一方で選手のことを擁護し、一方で選手に説得を試みる」ことは、「簡単なことではないが、ただそれでもスタッフと一緒にうまくやれてると思う」と語っている。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)