「レヴァークーゼン、来季からロルフェス氏が競技部門取締役へ」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/11/27 01:00
レヴァークーゼン、来季からロルフェス氏が競技部門取締役へ


 バイヤー・レヴァークーゼンの来シーズンの競技部門取締役に、ルディ・フェラー氏の後任として、ジモン・ロルフェス氏が就任することが明らかとなった。1990年W杯優勝メンバーでもあるフェラー氏は、今後は相談役会のメンバーとなり、クラブのアンバサダーとしても活動していくことになるという。

 今シーズンいっぱいまでとなっていた同職の契約について、フェラー氏がこれ以上更新しないことは以前から明らかになっていたことであり、そしてその後任には現在スポーツディレクターとして共に仕事をしている、ジモン・ロルフェス氏が適任であるとも目されていた。

 今回の判断を下した相談役会の、ヴェニング会長は「長年にわたるフェラー氏の献身性と専門力に大変な恩義を感じている。ドイツサッカー界において傑出した存在であり、クラブの歴史においても非常に重要な部分を担ってくれた」と称賛。

 一方でロルフェス氏にとってみれば、わずか数年間における急激な出世の最終段階でもあり、3年前にユース部門からわずか数ヶ月で、スポーツディレクターへと昇格した元ドイツ代表MFは、2018年からはさらにユース、育成部門の責任者も担当している。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEアプリ月額980円(税込)で全試合LIVE配信 7日間無料トライアル実施中!
ブンデスリーガLIVEはSPOOXAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。