「エルヴェディ復調、ベンチに下がるのはノイハウス?ヘルマン?」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/11/27 01:00
エルヴェディ復調、ベンチに下がるのはノイハウス?ヘルマン?


 いよいよニコ・エルヴェディの復帰が迫ってきた。おそらく土曜日までは明確な発表が行われることはないだろうが、ただグラードバッハのヒュッター監督は先発起用も真摯に検討していることを示唆。今月初めのマインツ戦にて、足首の靭帯と関節胞を損傷して以来、離脱が続くスイス代表DFだが、すでにチーム練習で元気な姿をみせており状態は良好。

 ただもしも復帰となれば、一時はプレー時間の不満を口にするも、ここのところ再び出場機会を得ていたフロリアン・ノイハウスが、再びベンチへと戻ることになるかもしれない。確かに中盤の選手でここのところ2点を決めてはいるが、エルヴェディが3バックに復帰となればその中心にいたデニス・ザカリアが、中盤へと復帰させてコネとのダブルボランチを再結成することだろう。そのほかの中盤ではヨナス・ホフマン、ラース・シュティンドルらもいるため、ノイハウスにとっては苦しい状況だ。

 もう1つのオプションとしては3バックの左側にエルヴェディが入り、ベンセバイニが左サイドバックにスライドするパターン。そうなるとパトリック・ヘルマンがベンチに下がることになるかもしれない。ここのところは左にスカリーをスライドしているが、これで右に戻るためにヘルマンが押し出される格好だ。ただこの2つのパターンはあくまで、ヒュッター監督が3バックを保持した場合の話であり、4バックへと変更するならザカリアはいずれにせよ中盤に。つまりはノイハウスはベンチに下がることを意味する。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEアプリ月額980円(税込)で全試合LIVE配信 7日間無料トライアル実施中!
ブンデスリーガLIVEはSPOOXAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。