「マルコ・ロイス「僕たちにCLで勝ち抜く資格はない」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/11/26 06:00
マルコ・ロイス「僕たちにCLで勝ち抜く資格はない」


 スポルティング・リスボンに敗れチャンピオンズリーグからの敗退が確定した、ボルシア・ドルトムント。主将マルコ・ロイスにとっても辛い夜となっており、DAZNとのインタビューにて「シーズン中に頻繁に目にしてきたミスは、僕たちも話し合いをしてきているんだけど。でもいつかは取り返しのつかなところにまできてしまう。スポルティングは数的有利になってもむしろ、僕たちの方が上回っていたくらいだし、彼らは労せずして勝利を収めてしまったんだ」と振り返った。

 確かにドルトムントは立ち上がりの時点では、トップパフォーマンスとはいえないまでも「ほとんど相手には何もさせず、良い形で試合には入っていたんだ」とロイス。しかしそこでニコ・シュルツのミスから0−1に。「個人に指を差す必要はないんだ。今日はみんなで試合を取り返すことができなかった」と語ったロイスは、「スポルティングは明らかに不安定だったのに、彼らを立て直してしまったのは僕たち自身なんだよ。それから2−0となり、観客も盛り上がりをみせ、最終的に敗戦を喫した。それがこの残念な結果だ」と総括している。

 一方でマルコ・ローゼ監督は「あまりに用意に失点してしまっている。この試合では何がかかっているかがわかっている、そんな試合だったにもかかわらずだ。」と苦言を呈し、「これから一貫性をもったプレーをしていかなくてはいけない」と要求。CL3連敗で一気に敗退が決まったドルトムントでは、「僕たちは短期間のうちに、ずいぶんと浮き沈みが激しすぎるところがあるんだ。安定してても今日やアムステルダムでの敗戦のようなことが起こっている。それでは勝ち抜けるような資格なんてない」と、ロイスは語った。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。