「ケルン、来年4月から競技部門取締役にケラー氏を招聘」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/11/24 07:00
ケルン、来年4月から競技部門取締役にケラー氏を招聘


 1.FCケルンは競技部門取締役については、まだしばらくは暫定的な解決策を継続することになった。来年4月よりクリスチャン・ケラー氏が着任するその日まで。

 ケルンが発表したところによればケラー氏は、「2022年4月1日より就任し、有資格部門のトーマス・ケスラーSDやルーカス・ベルク氏らと共にチームを形成することになる」という。

 2013年から2021年までヤーン・レーゲンスブルクにてビジネス面を管理していた42歳は、そこでは競技面と商業管理面の両面で責任を担っており、その間にレーゲンスブルクは4部リーグから2部リーグへと躍進。

 「我々は集中的に良い話し合いを行うことができ、その過程でケラー氏には十分に納得することができた」と、エックハルト・ソーレン副会長はコメント。「詳細な分析と包括的な専門知識は本当に素晴らしいものがある」と言葉を続けた。

 一方のケラー氏は「ケルンの関係者の努力、真摯さ、信頼性、プロフェッショナルさに納得することができた」と説明。なおこれまで暫定的に代役を務めているイェルグ・ヤコブス氏は、ケラー氏就任後は再び顧問的役割に戻るとのこと。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEアプリ月額980円(税込)で全試合LIVE配信 7日間無料トライアル実施中!
ブンデスリーガLIVEはSPOOX、Amazon Prime Video チャンネル(https://www.amazon.co.jp/gp/video/storefront/?benefitId=bundesportugaljp)でもご視聴いただけます。