「ブンデス初得点のマレンの変化に、目を細めるローゼ監督」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/11/21 23:00
ブンデス初得点のマレンの変化に、目を細めるローゼ監督


 土曜午後に行われたVfBシュトゥットガルトとのホーム戦にて、ボルシア・ドルトムントはドニエル・マレンの先生弾、そして主将マルコ・ロイスがカウンターから繰り出した決勝弾により、2−1で代表戦明け最初の試合を勝利で飾ることに成功した。特にブンデスリーガ初得点となったマレンは、試合後「ブンデス初得点はとても嬉しい」と喜びを述べ、さらにドルトムント名物の立ち見ブロック「黄色い壁」の前で得点に「とても嬉しい」とコメント。ファンたちの存在が「とても後押しになる」と言葉を続けている。

 だが今夏にサンチョの後釜として加入するも、なかなか結果がでなかった同選手に対しては批判の声も上がっていたが、これによって少し気持ちも軽くなったかもしれない。ローゼ監督によればマレンは新天地にて、「考え方を変える必要があった」としており、良い状況でフィニッシュを待つだけでなく、積極的に試合に参加していくことを学ばなくてはいけなかったとのこと。「ドニーは攻守においてとても積極的に力を尽くしてプレーしていたし、それが一番大事なことなんだ」と目を細めた。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。