「レヴァークーゼン、シックと共にアラリオも欠場の危機」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/11/03 22:00
レヴァークーゼン、シックと共にアラリオも欠場の危機


 バイヤー・レヴァークーゼンのセオアネ監督は、ヨーロッパリーグGL首位をかけた「決戦」に向けて、2人のセンターフォワードを欠いて臨むことを余儀なくされるかもしれない。足首の靭帯を断裂しているパトリック・シックに加えて、ルーカス・アラリオも欠場の危機に瀕しているところだ。

 アルゼンチン人FWは現在、ふくらはぎの筋肉の問題に悩まされており、特にこれは同選手が膝への問題を繰り返してきたことに起因するもの、セビージャ戦での出場に向けて、レヴァークーゼン側はまだ希望を失ってはいないが、それでも時間との戦いであることは確かなことだ。

 とりわけレヴァークーゼンでは前述のシックの離脱により、ここのところは若手アドリやパウリーニョをセンターフォワードへと起用しているように、セオアネ監督は苦しいやりくりを強いられている上、ドイツ杯で起用された16才イケル・ブラボーはELの出場資格がない。代わりに18才のエムレハン・ゲディクリが控えるが、いずれにせよ先発候補とまではいかないだろう。

 またレヴァークーゼンではシックの他、カリム・ベララビ、チャールズ・アランギス、ユリアン・バウムガルトリンガー、ティモシー・フォス・メンサー、そして先日にはミッチェル・バッカーなど、主力選手の負傷離脱が続いており、さらにこれにアラリオが加わることは避けたいが、週末にはリーグ戦が控える過密日程も考慮しなくてはならない。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEアプリ月額980円(税込)で全試合LIVE配信 7日間無料トライアル実施中!
ブンデスリーガLIVEはSPOOX、Amazon Prime Video チャンネル(https://www.amazon.co.jp/gp/video/storefront/?benefitId=bundesportugaljp)でもご視聴いただけます。