「チームと共に、歴史的大敗からリアクションをみせたウパメカノ」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/11/01 00:00
チームと共に、歴史的大敗からリアクションをみせたウパメカノ


 ドイツ杯での大敗から今回の試合で行われた先発メンバーの変更は、決してその時の反省としての答えであると受け取ってはいけない。それは試合前にバイエルンのナーゲルスマン監督が強調していたことであり、そして試合後にディノ・トップメラーACも口にしていたことだ。

 そしてその言葉はとりわけ、グラードバッハ戦での大敗劇で先発から外れたニクラス・ズーレに、先発の座を譲る格好となったダヨ・ウパメカノにとって非常に意味のある言葉であり、後半途中リュカ・エルナンデスの負傷交代で不意に出番が巡ってくると、ウパメカノは再びファンの前で素晴らしいパフォーマンスで期待に応えて見せている。おそらく火曜のチャンピオンズリーグGL第4節ベンフィカ・戦でも、負傷したエルナンデス代役としてチャンスが与えられることだろう。

 トップメラーACはトーマス・ミュラーへのお膳立てで、リーグ戦最近3試合で4アシスト目をマークした同選手について、「まずウパが最初の対人戦で勝利をおさめていたことが重要だったと思う。またオフェンスではトップ下の選手のようなアシストをみせてくれた」と評価。ただその一方で、「決して水曜日に三行半をつきつけたということではないし、今回の結果で有頂天になるような称賛の言葉を並び立てるようなこともしない」とも強調した。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEアプリ月額980円(税込)で全試合LIVE配信 7日間無料トライアル実施中!
ブンデスリーガLIVEはSPOOX、Amazon Prime Video チャンネル(https://www.amazon.co.jp/gp/video/storefront/?benefitId=bundesportugaljp)でもご視聴いただけます。