「ドルトムントのティッゲスが、ケルン戦でブンデス初得点」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/11/01 00:00
ドルトムントのティッゲスが、ケルン戦でブンデス初得点


 土曜日に行われた1.FCケルン戦でボルシア・ドルトムントのシュテッフェン・ティッゲスは、ブンデスリーガ初得点をマークすることに成功した。勝利後マルコ・ローゼ監督は、この試合でロングボールで相手守備陣を抑え、チームに安心感をもたらすなど成長をみせる、23歳の「フィジカルに長けたFW」の成長について問われると、「横にいるバウムガルト監督にも聞いてみると良い」とコメント。これにケルンの指揮官も「お前は俺に渡さなかったではないか」と短くつぶやいたが、今夏に獲得を打診したケルンに対してドルトムント側からの答えは望んでいたものではなかったのだ。
 
 ローゼ監督は、身長193cm、体重90kgのストライカーについて、「我々は彼がいま、もっともただしい場所にいると確信しているし、実際にそれを証明してみせた。まだまだこれからも伸びる選手だよ」と評価。負傷離脱中のエルリング・ハーランドのバックアップとして、「もっとも可能性のあるタイプの選手だ」との評価も口にしている。一方で「素晴らしい気分」と振り返ったティッゲスは、「でも頭を突っ込んだだけさ。この場所でプレーできること、そしてこの南側のスタンドの前で初得点を決められるとは、2年前には想像もできなかった」としつつ、先日のドイツ杯2回戦ではバーを叩くなど「苛立つシーンもあった。だから今回はうまくいって嬉しい」と喜びを述べた。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。