「コマンを「世界トップクラスのウィング」と評する、ナーゲルスマン監督が求める更なる成長」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/10/27 21:00
コマンを「世界トップクラスのウィング」と評する、ナーゲルスマン監督が求める更なる成長


 確かにユリアン・ナーゲルスマン監督からみても、キングスレイ・コマンは「信じられないほど素晴らしい個性をもった、卓越した人物」であると共に、「世界トップレベルのウィンガーであることに間違いはない」。だがその一方で今シーズン、その”トップウィンガー”はバイエルンにおいて、わずか二度の先発出場に留まっているということも、紛れのない事実である。

 心臓へ軽度の手術を受けたフランス代表MFは、先々週の土曜日に復帰を果たし、さらに先週ホッフェンハイム戦ではダメ押し弾を決めて、自らの復活を印象付けてみせた。「コマンが復調を果たしたことを嬉しく思うよ」と喜びをみせたナーゲルスマン監督は、さらに「全ての選手が実際に今、トップコンディションを維持している。サネも、離脱前のデイヴィースも、ムシアラも、そしてここまで6得点を挙げているニャブリも。過去4年であまり見られなかったものだ」と言葉を続けている。

 ただ別の見方をするならば、2023年までバイエルンとの契約を残す中で、果たしてコマンはどのようにこの牙城を崩していけるのか。少なくとも指揮官は課題として決定力の向上を挙げており、「そこは取り組んでいきたいポイント。練習では見事な、気持ちのこもった両足からのフィニッシュを見せているが、今年を除きここ数年はその卓越したテクニックにもかかわらず、少し力みが見られる場面が見受けられていた」と指摘。

 例えばその成長の後を、本日水曜日に控えるドイツ杯2回戦、グラードバッハ戦にて見せる機会が巡ってくるかもしれない。ナーゲルスマン監督は選手の入れ替えについて、「全員にプレーさせるということには、大きな勇気やリスクも伴うもの」ではあり、「決して容易なことではなく、誰からも理解が得られるようなものではないことも理解している」が、それでも「全員の状態が良いという、ここ数年であまり見られなかったこの状況がある。不満点に目を向けるのではなく、そういったことを活用していくべきだ」と語った。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。