「フメルス「アヤックス戦からのリアクションをみせたかった」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/10/25 23:00
フメルス「アヤックス戦からのリアクションをみせたかった」


 チャンピオンズリーグGL首位攻防戦となった先日のアヤックス・アムステルダム戦にて、0−4と完敗を喫することになったボルシア・ドルトムント。さらにエルリング・ハーランドが再び負傷離脱に入るなど、決して条件の良い中で週末のリーグ戦に入ったとはいえなかったが、それでもローゼ監督が「良いリアクションをみせてくれた」と称えたように、最終的には3−1と勝利をおさめることに成功している。

 「前半の数分を除き、僕たちは完全に試合に集中することができていたと思う」と、マッツ・フメルスは試合後にTV局スカイとのインタビューで胸を張り、「僕らはピッチ上で火曜の試合からのリアクションをみせたかった」とコメント。特に開始から20分までは「ビーレフェルトを相手陣内に完全に封じ込めることせに成功していた」と胸を張った。

 特にアヤックス戦での敗戦に「動揺」を覚えたものの、それでも選手たちからは「強いメッセージ」が口々に出されており、さらに今回の勝利ではフメルス自身も得点。「幸運だったね。特にあのシュートは、膝を使わずに済んだし」と笑顔。

 長期に渡り悩まされている膝の具合は「その日によって大きく違うもので、代表戦期間の前はかなり悪かったんだ。今は少し良くなっているけど」と説明。「問題は準備期間を満足に過ごせなかった」ことにあり、徐々に「完調」にもっていきたいが、一方でドルトムントは過密日程のため回復のための時間はあまり残されてはいない。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。