「リロイ・サネのフリーキック能力は「積み重ねた練習の賜物」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/10/22 21:00
リロイ・サネのフリーキック能力は「積み重ねた練習の賜物」


 水曜夜に行われたベンフィカ・リスボン戦では、最終的には4−0と快勝をおさめることに成功したものの、しかしながら後半途中まではなかなかゴールを割れず、むしろノイアーの好セーブによって均衡を保っている状態だった。だがそこで切れ味抜群の左足により、フリーキックからその状態を打ち破って見せたのが、リロイ・サネだった。

 数週間前にはファンからブーイングを受けていた同選手だが、ドイツ代表フリック監督と共に、ナーゲルスマン監督もうまく役割を見出せているようで、「リロイはここのところ、ウィングに張り付くのではなくハーフエリアでプレーすることが多い」と、この日代理で指揮をとったトップメラーACは説明。 

 「そこで役割を見事に果たしてくれている。それは彼が非常に良い選手だからだ。良いパフォーマンスを継続し、そして良いポゼッションプレーもみせているよ」とも付け加えている。

さらにこの日に決めたフリーキックもある。「もちろんそれはセンセーショナルなものだ」と同ACは評価。「蹴る前にベンチでは、昨日の練習ではあそこで決めていたから決まるはずだ、と予見していた」ことも明かした。
 
 フリーキック習得のコツは、実は非常にシンプルなものだとサネは語る。そう、練習あるのみ。「比較的、僕は多くの時間をこの練習に使う」と水曜日に明かしたドイツ代表は、「マンチェスターCにいってから練習するようになってね」とコメント。

 そしてトップメラー氏によれば、「常に壁を置いて10本、20本のフリーキックをゴールに蹴り込む」とのことで、「そういった練習での成果がでることが素晴らしいことだよ」と目を細めている。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEアプリ月額980円(税込)で全試合LIVE配信 7日間無料トライアル実施中!
ブンデスリーガLIVEはSPOOX、Amazon Prime Video チャンネル(https://www.amazon.co.jp/gp/video/storefront/?benefitId=bundesportugaljp)でもご視聴いただけます。