「DFLが107のアマチュアクラブに育成費用総額170万ユーロを提供」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/10/19 22:00
DFLが107のアマチュアクラブに育成費用総額170万ユーロを提供


 あるプロ選手がブンデスリーガやブンデス2部でデビューを果たした場合、その育成手当てとしてドイツサッカーリーグ機構は、該当選手がかつて所属し学んだ3部以下のアマチュアクラブに対して育成費用を支出。昨シーズンではアペルカンプ真大やフロリアン・ヴィルツ、アンスガー・クナウフらをはじめ、合計61選手に対して総額170万ユーロ以上が支払われた。

 特にドイツA代表の期待の新星として大いに注目が集まる、レヴァークーゼン所属フロリアン・ヴィルツについては、2008年から2010年までのおよそ2年間にわたって所属していた独4部グリューン=ヴァイス・ブラウヴァイラーへと約8000ユーロが、先日ドイツU21デビューを果たしたドルトムント所属アンスガー・クナウフについては、2006年から2015年まで所属した独5部SVGゲッティンゲン07へと3万6000ユーロが支払われている。

 2017/18シーズンより導入されたこの支払いのシステムでは、6歳から11歳までの所属期間ならば年間4200ユーロ、12歳から21歳までの所属期間であれば年間5400ユーロで、今回の最高金額はロート=ヴァイス・エアフルトの11万ユーロとなった。(イリア・グルエフ:ブレーメン、トビアス・クラウリヒ:ヴュルツブルク、マルヴィン・リー・リットミュラー:ハイデンハイム)
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。