「マティアス・ギンター、契約延長は「まだ全く未定のまま」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/10/19 08:00
マティアス・ギンター、契約延長は「まだ全く未定のまま」


 週末にはVfBシュトゥットガルトと、1−1で痛み分けに終わったボルシア・メンヒェングラードバッハ。ただそれでもマティアス・ギンターは、「個人的にはビーレフェルト戦の時の方が、今回よりも爽快感という点で欠けていたが、それでも勝利を収められた」と述べているように、最近3試合で勝ち点7を確保しているグラードバッハはむしろ、「今、自分たち自身を見出せている」状況なのだ。

 特にこの流れに至った要因として、戦術面における変更が挙げられるだろう。0−1で敗戦を喫したアウグスブルク戦では、ヒュッター新監督は4バックを採用していたものの、ドルトムント戦の前から3バックへと変更。ギンターは中央よりも右寄りのポジションを希望しており、「より攻撃的なプレーができるからね」と説明。「無論、監督の指示があってこそ」と付け加えているが、どの監督もそれを望んでいることは確かだろう。

 ただ一方で疑問が残るのはむしろ、ギンターの契約状況であり、現在は最終年度に突入したままシーズンを過ごしているドイツ代表DFは、コロナ禍における財政難の影響により、契約の延長はひとまず保留されているところ。エベールSDとの話し合いは行われているようだが、まだそこには数字の話はなく「1年前だったら、クラブで大切にしてもらえているし、盲目的にサインしていたと思うよ。でも今はあまりにも不確かな状況なんだ。今は何もかも予想が困難で、全てが未定のままとなっているよ」と明かしている。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。