「W杯出場決めたドイツ代表、北マケドニア戦の平均視聴率は微増」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/10/12 20:00
W杯出場決めたドイツ代表、北マケドニア戦の平均視聴率は微増


 月曜夜に行われたワールドカップ予選、敵地スコピオでの北マケドニア戦での視聴者数は、平均で716万人だったことが明らかとなった。この試合での勝利により、来年に開催されるワールドカップ出場へ一番乗りを果たしたドイツ代表の姿は、平均視聴率26.3%によりTV局RTLが放送。なお瞬間最大視聴者数はおよそ800万人となった。

 なお先日の金曜夜に開催された、ドイツ・ハンブルクにて開催されたルーマニア代表戦での平均視聴者数は686万人で、今回は若干の増加が見受けられはしたものの、その一方で瞬間最大視聴者数については、ルーマニア戦が850万人を記録するなど、逆に若干の減少が見受けられている。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。