「ドイツ代表フリック監督「このチームに非常に満足している」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/10/12 18:00
ドイツ代表フリック監督「このチームに非常に満足している」


 雨の中で行われた月曜夜の北マケドニアでの試合も、ドイツ代表は開始から苦しい前半での戦いを強いられることになった。それでも後半立ち上がり早々に生まれた、カイ・ハヴェルツによる先制ゴールを皮切りに、ドイツ代表は敵地で最終的に4−0で勝利。試合後、ハンジ・フリック監督は「できる限り早く、ワールドカップ出場権を獲得するという目標を達成できた」と満足感をみせた。「確かに前半は荒い展開になったが、それでも後半はうまくプレーできるようになっていたし、内容に見合った勝利だったよ」

 フリック監督就任以降、ドイツ代表が進展をみせていることに異論はないだろう。それはプレー面のみならず、特に今回の試合のようにたとえ華々しくなくとも、結果が重視された試合で成果を収められることが重要なポイントだ。「今日の試合でも気迫がみてとれたよね」と指揮官。「常に戦う意識を失わなかった」ことが、フリック監督を満足させるパフォーマンスへと繋がったのである。とはいえ選手たちの口からも出ている、タイトル獲得という目標のためにはまだこれから13ヶ月間、ドイツ代表は様々な問題の解決をはかっていかなくてはならない。

 フリック監督が指摘するようにイタリア、フランス、ベルギー、スペインのような強豪と「単純に比較することなどできない」ものだ。それでもドイツ代表は「これらのチームと対峙できるだけのクオリティは備わっている」という自信、そして「これから改善をはかっていくための時間」もある。「ワールドカップまでの道のりは長い。ただ今のようなメンタリティがあれば、結果を手にすることだって可能だろう。そう私は確信している」

 またこの日に得点を決めたアデイェミやムシアラ、ヴィルツら若手たちの成長も楽しみなところだ。おそらくは来月の代表戦ではそういった選手たちにも出場の機会が巡ってくることだろうが、フリック監督は大幅な実験を行うことには否定的な見方を示した。「現時点では、私はこのチームに対して、非常に満足感を覚えているところだよ」
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。