「ドイツ代表、リュディガーとノイアーがともに遠征に帯同」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/10/11 00:00
ドイツ代表、リュディガーとノイアーがともに遠征に帯同


 ひとあし早くワールドカップ行きを確定させることがミッションとなる、月曜日に控えるワールドカップ予選、北マケドニアとのアウェイ戦に向けた最終調整には、チェルシーFC所属のアントニオ・リュディガーの姿が見受けられなかった。

 しかしながらドイツ代表ハンジ・フリック監督によれば、これはあくまで予防的措置であり「彼はここのところ、非常に出場機会が多いからね。リカバリーに勤めているところだがオプションとなるよ」とコメント。また内転筋の問題で土曜の練習参加も見合わせていた、主将マヌエル・ノイアーについてはこの日、ハンブルクにて集中的なトレーニングを行い、「なんの問題もなかったよ。大丈夫だ」と指揮官は強調する。

 なお先日のルーマニア代表戦について「我々の分析では、試合自体は思い描いていた通りだった。ただ細かな部分での不足はみられたがね、それでも非常に多くのメンタリティと意欲をもってプレーしていた」と評価。前回敗戦している「北マケドニア戦についても分析しているが、その時よりも良い結果どうこうではなく、自分たちのクオリティをしっかりと発揮することが何よりも重要だと思う」と説明。

 その一方でルーマニア戦後に批判を受けているティモ・ヴェルナーについて、フリック監督は「起こってしまったことはどうしようもないが、ただ私にいえることは彼は非常に良い取り組みをみせていて、深い位置への侵入をみせているということ」と述べ、またダイブによって再び非難を受けていることについては「あのスピードで駆け抜けると、ちょっとした接触で倒れてしまう。あの場面でダイブというのはフェアじゃない」と擁護した。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。