「ビアホフ氏「ドイツ代表を包んでいた暗雲が消えている」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/10/07 21:00
ビアホフ氏「ドイツ代表を包んでいた暗雲が消えている」


 今年の夏から新時代を迎えた、ドイツ代表。マネージャーを務めるオリヴァー・ビアホフ氏は、「以前では代表チームやその周辺にて、暗雲が立ち込めているような感じだった」と振り返りながら、「今ではその雲が消えているような気がするよ。」とコメント。「そしてそれは、ハンジ・フリック監督や彼のチームによる功績でもある」と付け加えた。「我々は世界の頂点に再び立ちたい」

確かにフリック新体制の下、ドイツ代表は3試合を無失点で切り抜け、3連勝を収めることに成功した。今回の代表戦期間では状況次第では、一気にカタール行きを確定させる可能性さえある。だがビアホフ氏は慎重な姿勢を崩すようなことはなく、「過去にも我々は良いスタートを切ったことはあったんだ」と強調。例えばそれはグループ首位に立っていたネイションズリーグでのスペイン代表から受けた惨敗劇であり、また今回の予選においても2連勝後、北マケドニアに1−2で敗れたばかりなのだ。

  その一方でビアホフ氏はサッカー界全体に関する話題についても言及。とりわけ過密日程化について語っており、たとえばトーマス・ミュラーが「休みだと思っていた」来年の6月には、ネイションズリーグが4試合開催。ビアホフ氏は「収益の最大化を目的にするのではなく、クオリティの維持に務めるべきだ」と強調。ましてワールドカップの隔年開催などは危険なものであり、「選手たちの体のことも守っていかなくては」と語った。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。