「独代表招集外のバクーに、フリック監督からは「ちゃんと説明があった」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/10/03 22:00
独代表招集外のバクーに、フリック監督からは「ちゃんと説明があった」


 リドル・バクーはこれからも引き続き、VfLヴォルフスブルクに残って取り組んでいくことになる。今回のドイツ代表メンバーから外れる判断が下された23歳のオールラウンダーは、前回の代表戦期間においてもアイスランド代表戦に向けた遠征から外れており、その理由はあくまで無駄な移動を避けて、クラブで取り組むことが意義あると、ファン・ボメル監督やシェファーSDと相談した結果でのこと。

 そして今回についても「フリック監督は私、そしてリドルにも電話をかけており、そこでちゃんと説明をしてくれたんだ」と、ファン・ボメル監督自身が明かした。ただその細かな内容については明かしてくれなかったが、ただ確かなことはこれまでのクラブでの取り組みは「非常に良いものであり、それが彼に今できることだよ」とコメント。「リドルにとっては残念なことだろうがね」と言葉を続けている。

 バクーの武器でもあり問題点の1つとなっているのが、そのプレーの幅の広さだ。ヴォルフスブルクでは主に右ウィングで起用されているが、むしろドイツ代表で最も将来性があるのは右サイドバック。しかしヴォルフスブルクでは欠かせない存在としてのプレーが続いているところであり、先日のホッフェンハイム戦に至っては左のウィングから見事な得点も決めた。ただフリック監督が今後も引き続き、バクーを注視していくことに変わりはないだろう。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。