「離脱続くハーランドが、ノルウェー代表に参加?」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/10/03 22:00
離脱続くハーランドが、ノルウェー代表に参加?


 ここのところ離脱が続くエルリング・ハーランドだが、その一方でノルウェー代表は同選手の招集を希望しているところ。確かに金曜日に同連盟の公式サイトでは「トルコ戦とモンテネグロ戦での出場は不確実」とされ「ドルトムントの医療スタッフと緊密に連絡をとっていく」としているが、ソルバッケン代表監督は「朗報を期待しているが未定のままだ」と、やや悲観的な見方を示した。一方でドルトムントのローゼ監督は、ノルウェー代表が抱く望み実現の可能性を問われ、「望みを奪うのは私の仕事ではない。ただ現状を説明することはできる」とコメント。

 「彼は以前より復帰をねがているが1週間前に大腿におった負傷のために不可能だった。まだまともに歩くことさえままならない」と述べ、「彼はマシンではなく人間。無理な時は無理。クラブ、代表ともに彼の健康が一番。」と強調している。「今は彼はプレッシャーを受けずに、日々回復に向けて集中していくべきだ」ただそれでも少なくとも検査のためには、ノルウェー代表に参加する可能性はあり、それは代表チームがもつ権利だ。実際にそれは前回の代表戦期間において、ベルギー代表がトルガン・アザールに対して行った。

 また土曜のアウグスブルク戦ではマッツ・フメルス、トーマス・ムニエ、そしてマリウス・ヴォルフの3選手が負傷交代。ただ「マッツについては全く準備期間でいなかったのだから。徐々に復調しているところであり、筋力面ではまだ苦労しているところもあるんだ」と説明。ムニエについては「2・3試合前から膝に裂傷があり感染にきをつけなくてはならないんだ。それに外反母趾を抱えていた背景もある」と、こちらも大事をとっての判断であることを明かしており、ヴォルフが抱えた足首の負傷も、まだ検査結果はでていないが大事には至っていないようだ。

決勝点のブラント、観客の後押しに感謝


 この試合で決勝点を決めたユリアン・ブラントは、確かに「良いところにボールが入ってくれた」おかげという、「ちょっとラッキーな形でのゴールだった」ことは認めたが、ただそれでも「終わりよければ全てよしだよ」と勝利を喜び、ファンからの後押しについても感謝。「相手が勢いに乗ってきたところで、鼓舞してくれた。とても僕たちにとって重要なことで、次の試合ではもっと多くの観客がきてくれることだろう」とコメント。ただし3点目を決めきれなかったことについては、「もっとクリーンにプレーできていれば、得点への欲が不足していた」と反省も述べた。 
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEアプリ月額980円(税込)で全試合LIVE配信 7日間無料トライアル実施中!
ブンデスリーガLIVEはSPOOX、Amazon Prime Video チャンネル(https://www.amazon.co.jp/gp/video/storefront/?benefitId=bundesportugaljp)でもご視聴いただけます。