「昨季快進撃の2部キール、オレ・ヴェルナー監督が退任を決意」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/09/21 06:00
昨季快進撃の2部キール、オレ・ヴェルナー監督が退任を決意


 ここまでブンデス2部7試合でわずか1勝にとどまっていたホルスタイン・キールは、月曜日にオレ・ヴェルナー監督が退任することを発表した。直近では室屋成所属のハノーファーに0−3で敗戦を喫しており、それが今回の最終決断へとつながった模様。「慎重に検討した結果、キールの監督を辞任する決断を下した」と同氏は説明。「15年以上在籍してきたこのクラブに対して、この決断を下すことは難しいところがあったが、熟考の結果でこれはクラブにとっても正しいことであり、必要なことだと思う」と言葉を続けている。

 2019年9月に当初は暫定監督として、セカンドチームから昇格していたヴェルナー監督は、その後にトップチームの監督へと正式に就任。昨シーズンではドイツ杯2回戦でバイエルン・ミュンヘンを撃破、シーズンでもブンデスリーガ昇格まであと一歩に迫る手腕を発揮。だがコロナ禍の煽りを受ける形で失速して入れ替え戦へと進出した後、ケルンとの決戦で敗退という憂き目を味わっていた。そんなヴェルナー監督に対して、キール首脳陣からの信頼は厚く慰留に努めてきものの、「残念ながら翻意できなかった」と、シュテーファーSDは語っている。「これから冷静さと慎重さをもって、持続可能な解決策を見出していかなくてはならない」
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。