「グラードバッハ、ギンターらが復調「ここからが勝負」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/09/07 22:00
グラードバッハ、ギンターらが復調「ここからが勝負」


 この2年間ボルシア・メンヒェングラードバッハでは、ほぼ全ての試合でピッチに立ち続けてきたマティアス・ギンターだったが、しかしながら第2節のレヴァークーゼン戦では体調を崩して途中交代、その後のウニオン・ベルリン戦では欠場を余儀なくされていた。ワクチンをすでに2度接種していた同選手ではあったのだが、それでもコロナ陽性反応が確認されており、「全身の倦怠感、味覚や嗅覚の喪失など、本当に辛いものだったね」と、
コメント。だが自宅のジムでトレーニングを再開し、今は再びチームメイトらと共に汗を流す姿が見受けられている。そのためおそらくは週末のビーレフェルト戦での出場は問題ないだろう。「短期間の休みでそこまで体力的にも落ち込まなかったし。それに次の試合はシーズンの展望という点で重要なものになるからね」

 今季の開幕戦では王者バイエルン・ミュンヘンを相手に、1−1と痛み分けで納得のいく内容をみせていたグラードバッハだったのだが、しかしながらレヴァークーゼン、そしてウニオンでも精彩を欠いており、ヒュッター新体制での3試合で勝ち点1というのはあまりに残念な数字。ただそれでも今後の巻き返しに向けて明るい材料もあり、ラミー・ベンセバイニが復調。ブレール・エムボロもまたチーム練習復帰を果たしており、ビーレフェルト戦では少なくともベンチスタートは見込めることだろう。「もうすぐベストメンバーでスタートを切れるし、ここからが勝負だと思っているよ」とギンター。ただその一方で契約最終年度に入っている同選手の今後は不透明のもまま。「まだ何も聞いていないよ」と語ったドイツ代表は「数週間以内には話し合いはあると思うね」とも付け加えた。 
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額999円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。