「ドイツ代表フリック監督「久々で鳥肌ものだった」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/09/06 23:00
ドイツ代表フリック監督「久々で鳥肌ものだった」


 日曜夜に行われたW杯予選アルメニア代表戦では、ドイツ代表は前回のリヒテンシュタイン戦で思うようにいかなかった部分を修正。最終的に6−0と快勝劇を飾ったのは、今回代表初招集となったアデイェミによる代表初ゴールだった。

 試合後、フリック監督は「事前にも口にしていたことだが、シュトゥットガルトは常に素晴らしい雰囲気に包まれるところだよ」とコメント。そこで躍動した選手たち、そして詰めかけてくれた1万8000人のファンへ賛辞を送った。「一体感がそこにはあった。ずいぶんと久々の経験で、すこし鳥肌ものだったよね」

 その一方で前回のリヒテンシュタイン戦と比較し、全く異なる表情をみせた今回の試合を比較して、いったいどのような状況にあるとみているのだろうか?確かに順位表の上ではグループJの首位に立ったまま、これからアイスランドでのアウェイ戦へと臨むことになる。

 パフォーマンス面での評価について問われた指揮官は、「難しいところだね」と述べつつも、ただ今回の試合で1つの基準値を設けられたことについては笑顔で振り返った。「ただもうこの試合は過去のものとなっている。我々の視線はすでにアイスランドへと向けられており、常に次の課題に集中することがスポーツにとっては重要なことなんだ」
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額999円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。