「フランクフルト指揮官、例外条項のメリットを指摘」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/09/06 01:00
フランクフルト指揮官、例外条項のメリットを指摘


 移籍市場では何かと議論の的になりやすい、選手たちの契約に含まれた例外条項。だがアイントラハト・フランクフルトのオリヴァー・グラスナー監督は、その中からポジティブな部分について敢えて指摘する。「それがあれば選手たちから、もっと売却金額を安くしてくれなんて言えなくなるのではないか。例えば2500万ユーロにそれが定められていたとして、1000万ユーロでの売却に応じなくとも起こり出すことはないだろう。」まさにそれこそがこの夏、フランクフルトにてフィリプ・コスティッチを巡り起こった問題だ。

 それではもう1つフランクフルトを襲った、監督の契約における例外条項についてはいかがなものか。昨季はチャンピオンズリーグ初出場へ順調に歩みを進めていたものの、ヒュッター監督がグラードバッハ移籍を発表して失速。そのグラードバッハも同様に、ローゼ監督の移籍発表からEL出場権獲得を逃してしまった。「原則として、透明性と明瞭性が何よりも重要なことだろう」とグラスナー監督はコメント。ただ今回の契約にそれが含まれているかは明かしてはいないが、「社内における明瞭性が重要だということだよ」と念を押した。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額999円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。