「ティモ・ヴェルナー、ドイツ代表は18歳の「ムシアラをお手本に」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/09/06 00:00
ティモ・ヴェルナー、ドイツ代表は18歳の「ムシアラをお手本に」


 ジョシュア・キミヒやアントニ・リュディガー、そしてベルント・レノらと共に、かつてVfBシュトゥットガルトにてプレーしていた背景をもつティモ・ヴェルナーにとっては、土曜日に行われた会見の「この席に座ること自体、僕に取っては特別なものだよ」と語った。「できれば久々に友人らとも会いたいところだけど、でもコロナのせいで外出はできなくてね」

 今のヴェルナーにとって重要なことは、ワールドカップ出場にむけて勝ち点を積み重ねていくこと、そしてチームとして自信を取り戻してくということもまた同程度に重要な意味合いをもつものだ。そこでヴェルナーは、同じシュトゥットガルト市出身でもある若武者、ジャマル・ムシアラを自分たちの手本とすべきとの見方を示しており、「ここに長くいる選手ほど考え込むことなく、とにかく楽しんでリラックスしてプレーをしているよね」と説明。

 実際にハンジ・フリック監督の下でのトレーニングでは、その「自信」と「リラックスさ」が中心的なテーマとなっており、「監督は僕たちが失っている勇気や、リラックスさといった部分を取り戻していこうとしている。」その点でいえば先日のリヒテンシュタイン戦でのゴールは、ヴェルナーにその自信とリラックスさをもたらすプラス材料にはなったことだろう。

 その一方でヴェルナーとフリック監督といえば、昨夏のバイエルン監督時代に、RBライプツィヒから同選手の獲得を目指したとされており、ヴェルナーは「ようやく一緒に仕事ができて、お互いに喜んでいるところだよ。彼が新監督となったことはとてもうれしかった。もちろん僕のことを悪くは思っていないだろう人が指揮をとることは、僕にとって悪いことじゃない。彼と共に、僕たちは良い方向に進めると思う」と期待感を示した。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額999円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。