「ドイツ代表:ノイアー復帰、ハヴェルツは危惧、ラウムはデビュー?」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/09/04 22:00
ドイツ代表:ノイアー復帰、ハヴェルツは危惧、ラウムはデビュー?


 確かにドイツ代表ハンジ・フリック監督自身も、木曜夜に行われたリヒテンシュタイン戦で、わずか2得点のみに終わった結果自体には物足りなさは感じていた。「我々だって盲目ではないし、そのことを言い繕うこともしない。2−0という結果に満足できるものではないさ」と語った新指揮官だが、ただ厳しい批判的な姿勢を示す考えはなく「監督として歩み初めでより重要となるのは、姿勢と熱心さ。その部分では選手たちを批判することはできない」とも言葉を続けている。

 敢えてそれを強調した背景にあるのは、リヒテンシュタイン戦後にメディアでは辛辣な見出しが踊ったことにあるが、改めて「このチームには非常に優れたクオリティが備わっているし、非常に素晴らしいチームスピリットがある」と述べ、「でも落ち着きが必要だよ。ブンデスのチームで新指揮官を迎えれば、まずは足元を確認してやらなくてはならないことがあるんだ。新しいアイデアをチームに実行させるには時間がかかる」と理解を求めた。そういった背景からもおそらく、今回の試合ではさほど大きな選手の変更はないだろう。

 足首の負傷で出場を見合わせたマヌエル・ノイアーの復帰、そして思ったほど重症ではなかったがゴセンスの負傷により、ダヴィド・ラウムがドイツ代表デビューを果たす可能性が高い。「ただ他にもオプションはあるよ」とフリック監督は強調。また風邪のハヴェルツも危惧されるところ。それでも「良いサッカー」をみせるアルメニア戦に向け、「成功に向け全力を尽くす姿をみせたい」と期待するフリック監督は、「良いオフェンス力があるので、ロスト時の守備をしっかりしないと」とも要求。ホッフェンハイム所属のアダムヤンなど「スピードとテクニックに優れていることは周知の事実だ」と警戒心を示した。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。