「ドイツU21代表、カイテルが不参加。マッシモは遅れて合流」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/08/31 20:00
ドイツU21代表、カイテルが不参加。マッシモは遅れて合流


 ドイツU21代表シュテファン・クンツ監督は、2023年に開催されるU21欧州選手権の一次予選に向けて、2000年から2004年生まれまでの合計21選手を召集。そのうち17人は、ドルトムントが誇る怪童ユスファ・ムココ、ドイツ人の父と日本人の母をもつ新10番アペルカンプ真大など、これからU21代表デビューを控える選手が数多く存在する。

 だがすでにクンツ監督の下で3試合に出場した経験をもつ、ヤニク・カイテルは今回の代表戦期間では不参加ということになった。すでにドイツサッカー連盟では、これから2選手がMRI検査を受ける必要があるとしており、そのうちの1人がフライブルクの所属するアタッカーだったようで、同連盟からは不参加以上の情報は特に発表されていない。

 なおクンツ監督は日曜日に、念の為にライプツィヒから、キリアン・ルーデヴィヒを召集。もう1人、MRI検査を受けていたVfBシュトゥットガルト所属のロベルト・マッシモについては、どうやらプレーする可能性は残されており、後から遅れて合流する見込みだ。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額999円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。