「FWのやりくり迫られる、マインツのスウェンソン監督」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/08/27 06:00
FWのやりくり迫られる、マインツのスウェンソン監督


 過去2度の移籍市場において、ジャン=フィリッペ・マテタと、ロビン・クアイソンを失った1.FSVマインツ05。最近ではそのトップのポジションでイ・ジェソンがプレーしているとはいえ、それは決して同選手にとって理想的なポジションではない。スウェンソン監督もそれは理解しているが、「キール時代ではよくそこでプレーしていた」ことからオプションとみており、「決定力の高さとプレーの理解度、その勤勉性」を評価。

 それは開幕戦では功を奏したが、先週末はチーム全体と同様に精細を欠いた。果たして今節も同様となるのか?確かに隔離明けとなる「パワフルなアダム・シャライとカリム・オニシウォ」もいるが、まだ時期尚早とみられる可能性が高いだろう。ただ問題は果たしてそもそも、シーズンをこのままのFW陣でやっていけるのか?マインツ首脳陣はマテタやバクーの売却でうまく財政難を乗り越えているとはいえ、更なるオフェンシブプレーヤーの獲得まではなかなか手がでないことも、また確かだ。


 その一方で開幕戦にてRBライプツィヒを相手に勝利を収めたのち、喜んだ選手たちが観客性の中に入って喜びを分かち合っていたことについて、その中ではソーシャル・ディスタンスも守られていなかったことなど「対コロナ衛星規律違反」として、1万5000ユーロの罰金を課す判断をくだした。このうち5000ユーロは医療分野の社会的期間へ寄付することが可能。すでにクラブ側はこの判断を受け入れている。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額999円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。