「ミュンスターが異議申し立て、ヴォルフスブルクは敗退の危機へ」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/08/10 09:00
ミュンスターが異議申し立て、ヴォルフスブルクは敗退の危機へ


 今季よりVfLヴォルフスブルクへと就任したマルク・ファン・ボメル監督は、その準備期間でテストマッチ5戦5敗。さらにドイツ杯初戦でも、ルール違反により勝ち抜けが取り消されるという、まさに波乱の船出を迎えることになった。

 ドイツ杯初戦にて4部プロイセン・ミュンスターを相手に、延長戦の末に3−1で辛勝をおさめたももの、1試合で5人までの交代が認められながら、ファン・ボメル監督は6人目の交代を行ったことで、その際に審判に確認していたとはいえ、ドイツサッカー連盟より敗退とされる危機に瀕している。

 最終的に異議申し立てを行う決意をした、ミュンスター側は「スポーツという観点において、公正な競争という側面やファンやクラブ関係者たちに対するする責任という部分も含め、4部リーグ全体で満場一致により決議したものだ」と説明。これを受け、ドイツサッカー連盟は意見陳述を求めることを発表した。


 ヴォルフスブルクのシュマッケ取締役は「交代について、ミスをおかしてしまった」と認めた上で、「これは大変に残念なこと。ただだからといって、どうしようもないことでもあるんだ。このことをクラブ内でしっかり分析し、再発防止に務めていく」とコメント。むしろ「これから控える戦いに向けて、結束力と仲間意識」の重要性を説いて、ファン・ボメル監督を背中を後押した。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額999円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。