「バイエルン、デイヴィース復調も金曜出場には疑問符」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/08/10 00:00
バイエルン、デイヴィース復調も金曜出場には疑問符


 バイエルン・ミュンヘンのユリアン・ナーゲルスマン新監督へ、1つの朗報が伝えられた。アルフォンソ・デイヴィースが月曜日にチーム練習復帰を果たしており、同僚たちから拍手で迎え入れられている。ただカナダ代表参加中に足首を負傷した同選手が、さっそく金曜日のグラードバッハ戦に間に合うかについては、「まだ疑問符がつく」ところ。とりわけ離脱の影響で、練習・実践の不足などの課題に直面している。

 仮に今週の練習をみて時期尚早となった場合には、ナーゲルスマン監督には、2つの選択肢が頭にあることだろう。まず1人目はFCレディングから獲得したばかりの、オマー・リチャーズ。当初は首脳陣も唸らせるパフォーマンスを見せていたが、ただテストマッチでは攻撃面ではアピールを突けながらも、ポジショニングのミスなど守備面で課題をいくつか露呈。

 一方でより守備的な選択肢として考えられるのが、21歳のヨシプ・スタニッチである。同選手はこの夏の準備期間でアピールに成功した若手の1人であり、確かに目立つタイプではなく、リチャーズのように積極的に攻撃に参加するわけではないが、その守備面での安定性によってむしろ、リチャーズよりも有力にみられるところ。本来は右の選手だが、フリック前監督の下では左でウニオン戦に出場していた。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。