「ヴォルフスブルクの選手交代ミス問題、ドイツサッカー連盟の判断は?」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/08/09 23:00
ヴォルフスブルクの選手交代ミス問題、ドイツサッカー連盟の判断は?


 前日に行われたドイツ杯初戦、プロイセン・ミュンスター戦にて公式戦初陣を白星で飾ったファン・ボメル監督だったのだが、しかしながらその勝利をも取り消されかねない、深刻な過ちをおかしてしまった。それはこの試合の延長戦でのこと。通常の試合の間に3選手を交代していたヴォルフスブルクは、その延長戦でも3回の交代を実施。これは5回というドイツサッカー連盟の規定に違反する行為なのだ。

 ただその際にヴォルフスブルク首脳陣は、第4審判員へと交代の回数について確認をとったとされており、主審のディンガート審判員も、マッチレポートの中でコミュニケーションのミスを認めた。果たしてドイツサッカー連盟は、これらについてどういった判断を下すか。ただ確かなことは、ヴォルフスブルクがこういった事への準備を怠り、第3者へとその助けを求めてしまったという事実だろう。

ポングラチッチは、残留を希望

 その一方でこの試合でメンバーからも外れていたのが、マリン・ポングラチッチだ。アトレチコとのテストマッチでも出場を見送られていた同選手は、センターバックのヒエラルキーでは4番手と苦しい立場に置かれてしまっているが、それでも決して諦めることなく、クラブ側から移籍の打診がない限りは、チャンスを掴むために戦い続けたい考えをもっている模様。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額999円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。